ボルゾイKOUTA

犬やペット等の動物を中心とした、日常、画像、時事情報、面白ネタをまとめるまとめサイトです。 スマホゲームラボブログも管理しています。そちらもよろしくお願いします。






    キャリコネ

    厚生労働省は7月7日、「ハローワークにおける求人票の内容と実際の労働条件が異なる」といった求職者からの申出が、2016年度に9299件あったことなどを明らかにした

    相談を受けて厚労省が事実確認を行い、「求人票の内容が実際と異なる」と確認できたのは3608件だった。

    「記載額よりも低い金額だった」「実際よりも休憩時間が短かった」

    求職者から「求人票の内容が異なる」と相談を受けた場合、ハローワークは迅速な事実確認と必要な是正指導を行う。「求人者の説明不足」(2335件、25%)や「求職者の誤解」(576件、6%)というケースもあった。

    「求人票の内容が異なる」と確認できた3608件に対しては、「求人票の内容を変更した」(982件、27%)、「求人票に合わせ労働条件等を変更した」(196件、5%)などの対応を行った。

    相談内容としては「賃金に関すること」(2636件、24%)が最多。「就業時間に関すること」(1921件、21%)、「職種・仕事の内容に関すること」(1311件、14%)が続く。具体的には、「記載額よりも低い金額だった」「実際よりも休憩時間が短かった」「固定残業代制ではないと言われていたが、面接時に違うことがわかった」などの事例が挙がっているという。

    2016年度の申出件数は、2015年度の1万937件と比較すると1638件(15%)減少している。この理由についてキャリコネニュースが厚生労働省職業安定局総務課主席職業指導官室の担当者に聞くと、次のように答えた。

    「求職者から記載内容の相違の相談を受けてから、すぐに事実確認を行い、事業者に是正を行なったことが効を奏したものと考えています」

    今年1月からは、事業者がハローワークに求人申込をする際、条件を明確に書くためのチェックポイントなどが書かれたリーフレットを配布している。そうしたこともあり、同担当者は「求人票への曖昧な表記が減ったのでは」と見ている。

    2018年1月からは、ハローワークに虚偽の求人を出した事業者に罰則

    申出件数は前年度比で15%減少しているとはいえ、数値はあくまで求職者の相談を受けてハローワークが調査したものだ。「求人票の内容と違う」ことがわかっても、ハローワークに相談をしない人も多くいることが予想され、表に出てこないケースはもっとあると思われる。

    現在は、事業者がハローワークに虚偽の条件で求人を出しても罰則はない。今後について、担当者は「職業安定法の改正を受けて、2018年1月からハローワークに虚偽の条件で求人を出した場合、6か月以下の懲役または30万円以下の罰金が課せられることになります」と話していた。

    また、「罰則が設けられることで求人を出す事業者の意識を変え、虚偽の内容記載の抑止につながるのではと考えています」とのことだった。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ハローワークの「求人詐欺」2016年度は約9300件 相談内容には「賃金」「就業時間に関すること」が上位】の続きを読む


    Verilyの不妊蚊生産ラボ
    ITmedia NEWS

     米Googleの親会社であるAlphabet傘下の生命科学企業Verily Life Sciencesは7月14日(現地時間)、ジカ熱やデング熱などのウイルスを媒介するネッタイシマカを駆除するプロジェクト「Debug Project」のフィールドワークを米カリフォルニア州フレズノで実施すると発表した。

    【拡大画像や他の画像】

     Verilyのラボで人工的に生産した不妊蚊(交尾したメスの卵が孵化しないようにするバクテリアを持たせたオス)を毎週100万匹ずつ、20週にわたって総計2000万匹を約121ヘクタールの範囲に放す。期間中、毎日夜明け前にデバッグ専用バンが対象地域を巡回して搭載した不妊蚊を放出する。

     こうした害虫駆除方法は「不妊虫放飼」と呼ばれる。大量の不妊蚊が野生のメスの蚊と交尾すれば、その卵は孵化しないので、成虫が減っていく。なお、不妊蚊はバクテリアを保有するだけで、遺伝子操作はされていない。

     フレズノでは2016年に蚊防除企業のMosquitoMateと初の小規模な不妊虫放飼を行っており、Verilyは今回、大量の不妊蚊生産と効果的な放飼方法開発で協力する。

     Verilyはこのフィールドワークの成果を今後、世界で生かしていきたいとしている。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【Alphabet傘下のVerily、「デバッグプロジェクト」で2000万匹の不妊蚊を放す計画】の続きを読む


    【けしからん】あまりに「美女過ぎる」犯罪者が空港で捕まる!
    秒刊SUNDAY


    空港で最も緊張感味わうのはやはりセキュリティーゲートをくぐるときでしょう。何も悪いことはしていなくとも、何か反応するんじゃないかというヒヤヒヤ感を味わうことが出来ます。もちろん、それぐらいのセキュリティの高さが犯罪を未然に防ぐ有効手段ということにはなりますが、100%防ぐことが出来ないのが残念です。
    ー美女すぎる犯罪者

    こちらは、オーストラリアメルボルンの税関検査。ワンちゃんが麻薬捜査などの仕事をしており、緊張感有りますね。まるでテロが起きているかのようです。さてそんな中、警察が目を光らせ、怪しいと感じた犯罪者がおります。しかし我々の目には全くそれが犯罪者には見えず、むしろきれいなお姉さん、にしか見えないのです。それがこちらの女性。



    映画のワンシーンのような状況。金髪の美女、スタイルも良すぎで、犯罪者というイメージは全くありません。罪名をつけるならば、警官の注意をそらそうと男性の目を釘付けにした「公然美女罪」「業務執行妨害」「共謀罪」・・・しかし今回捕まった罪はそんな甘っちょろい内容ではないのです。

    外観ではなく、彼女の服の中から驚くべき物体が出てきたのです。


    なんと!服の中にこんな沢山の袋を隠し持っておりました。袋はそれぞれ液体で満たされております。そして中には超貴重な「熱帯魚」が入っていたのです。ペット?いや、これは海外へ貴重な魚を極秘で輸入するいわゆる「密漁」です。

    熱帯魚とは言え、1匹400万ほどするとんでもないレア種もいるので、これだけでも数百万の利益になるのでしょう。

    美女すぎるとんでもない職業の女性もいれば、密猟者もいる。
    人は見かけによらずとんでもない能力を隠し持っていることが改めて痛感させられますね。


    掲載元
    http://tt.mop.com/a/170714113634833183328.html

    (秒刊サンデー:たまちゃん)

    画像が見られない場合はこちら



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【けしからん】あまりに「美女過ぎる」犯罪者が空港で捕まる!】の続きを読む


    こちらもおすすめ!




    このページのトップヘ