ボルゾイKOUTA

犬やペット等の動物を中心とした、日常、画像、時事情報、面白ネタをまとめるまとめサイトです。 スマホゲームラボブログも管理しています。そちらもよろしくお願いします。







    (出典 www.wanpug.com)



    1 k5に負けたにゃん虎 :2017/05/28(日) 12:23:34.38 ID:4xyEVvKS.net

    今、練馬や板橋で猫などの動物が相次いで惨*れている。
    もし犯人が捕まったとしても、その刑は最高でも3年にしかならない。
    実際は、初犯の場合は懲役1年執行猶予3年位が多い。
    実刑になったとしてもこんな量刑ではすぐに出所してまた同じことを繰り返す。
    動物愛護法違反の3年以下の懲役という法律はあまりにも軽すぎないだろうか。
    最低でも10年以下にして欲しい。

    現在の動物を取り巻く環境は非常に厳しく、人間が動物を傷つけたとしても軽犯罪扱いである
    あなたが動物の立場になったらどうだろう?冗談じゃないと思うだろう。

    動物管理法違反事件は公訴時効が3年です。動物管理法44条1項では「愛護動物をみだりに*、
    又は傷つけた者は、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する」と規定されています。
    時効については、刑事訴訟法250条2項6号で「長期五年未満の懲役若しくは禁錮又は罰金に当たる罪については三年」
    を経過することで完成すると規定されています。したがってたとえ野良猫をハンマーで殴り*ても、
    3年が経過すれば刑事罰を与えられることはありません。
    こんな緩い法律だから次から次へと悲惨な事件が起きるのです。以下に改正案を示します。


    愛護動物を虐待したり捨てる(遺棄する)ことは犯罪です。違反すると、懲役や罰金に処せられます。

    愛護動物をみだりに*たり傷つけた者
    →(現行)2年以下の懲役または200万円以下の罰金
      →→(改正案)【死刑】
    愛護動物に対し、みだりにえさや水を与えずに衰弱させるなど虐待を行った者
    →(現行)100万円以下の罰金
      →→(改正案)【死刑】
    愛護動物を遺棄した者
    →(現行)100万円以下の罰金
      →→(改正案)【死刑】
    ※愛護動物とは
    1 牛、馬、豚、めん羊、山羊、犬、猫、いえうさぎ、鶏、いえばと及びあひる
    2 その他、人が占有している動物で哺乳類、鳥類又は爬虫類に属するもの
    ※時効
      →(現行)公訴時効は3年
      →→(改正案)【なし】

    動物愛護法違反の刑罰は軽すぎる [転載禁止]©2ch.net
    http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/dog/1437920490/


    【☆★★動物愛護法違反の刑罰は軽すぎる2★★★】の続きを読む



    (出典 pet-seikatsu.jp)



    1 たんぽぽ ★@\(^o^)/ :2017/05/29(月) 15:02:40.05 ID:CAP_USER.net

    (ソースに画像あります)
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=179609&ph=0

    2017年5月28日、中国青年網によると、中国国内の旅客便で乗客が託送を依頼したペットの犬が、到着地の空港で重傷を負って返されるトラブルが発生した。

    あるネットユーザーが27日に中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で伝えたところによれば、飼い主は24日深夜に中国東方航空の上海発武漢行き2544便に乗る際、ペットのゴールデンレトリバーの託送を依頼。しかし到着後犬の行方が分からなくなり「貨物を下ろす際に逃げ出した。空港スタッフが探している。犬に危害は加えない」と担当者から言われたという。

    その後スタッフから「見つかったがちょっとケガをしている。犬が立ち入り禁止区域に入ってしまった」との連絡が。25日未明に武漢市内の動物病院で診察を受けたところ、背中、足、頭、目にくぎ付きのむちやエアガンで攻撃されてできたような穴状の傷が多数見つかった。

    中国青年報の記者が武漢・天河国際空港に連絡を取ると、職員は「空港内には多くの航空会社が入っており、詳しいことは分からない。現在調査中だ」とコメントしたという。飼い主は「逃げ出して立ち入り禁止エリアに入った」という航空会社側の説明を裏付ける証拠がないこと、スタッフによる高圧的で謝罪すらしない態度に強い疑問と不満を抱いているようだ。

    この件についてネットユーザーからは「ゴールデンレトリバーはおとなしい性格で人を攻撃しない。しかも1歳にも満たない子犬じゃないか」「もし本当に立ち入り禁止エリアに入ったのなら大問題を引き起こしかねない。真相は分からないが、慎重に事案の処理を行うべきだ」との意見が出ている。


    【【中国】虐待か…航空便で託送したペットの犬、全身傷だらけの姿で返される[05/29]】の続きを読む


    こちらもおすすめ!




    このページのトップヘ