ボルゾイKOUTA

犬やペット等の動物を中心とした、日常、画像、時事情報、面白ネタをまとめるまとめサイトです。 スマホゲームラボブログも管理しています。そちらもよろしくお願いします。






    キャリコネ

    コンサルティング事業を行うマネジメントベースは9月14日、仕事ができない若手社員に関するアンケート結果を発表した。調査は8月18~21日にインターネットで、30~40代の会社員・公務員の男女7924人を対象に実施した。

    若手社員の中で同期・同世代と比較して「平均よりやや仕事ができない」「仕事が出来ない」人がいる、と回答した人の合計は7924人中2564人。全体の3割以上が「仕事ができない若手社員がいる」と感じている。

    1位「受け身」 一方「分からなければ自己流で行ってしまう」という声も

    「仕事ができない若手社員の特徴」の上位は以下の通り。

    1位「受け身、自主性、積極性が乏しい」(18%)
    2位「仕事が遅い、要領が悪い、ミス・不注意が多い」(16%)
    3位「報連相がない、コミュニケーション力が低い」(9%)
    4位「やる気・モチベーションが低い」(8%)
    5位「仕事の覚えが悪い、理解力が低い」(7%)

    以下トップ10には「責任感が薄い、自己中心的、いい加減」「挨拶・礼儀・マナー、勤務態度(公私混同、遅刻等)」「態度が悪い、誠実さ・素直さに欠ける」(同7%)、「気が利かない、臨機応変な対応ができない」(4%)、「優先順位、時間管理ができていない」(3%)がランクインしている。具体的にみると、やはり、

    「上司からの指示がなければ動けない」
    「なんでも周りがやってくれると思っている」

    という"自分で考える力がない"という声が目立った。また自発的に動いたとしても、「わからないことを分からないといわず、自己流で行ってしまう」とかえって迷惑だと感じている人も。他にも、

    「日本人だけど日本語が通じない」「基本、人のせいにする」
    「言い訳ばかりで責任を取らない。でも文句や他人の仕事にはガタガタ意見を述べる」

    など先輩社員の呆れと憤りが伝わってくる。中には「自分中心で、自分ができると勘違いしてる」という若手社員もいるようだ。

    先輩社員「仕事が出来ない社員の半分は無自覚で、努力する姿もうかがえない」

    仕事ができない若手社員がいると回答した人に「該当若手社員は、自身が"仕事できない"事を認識して(気づいて)いるか?」と聞くと、「そうではない」「ややそうではない」(同22%)の合計が44%となった。

    また「本人は現状を改善しようとしているか?」については「そうではない」(26%)と「ややそうではない」(25%)の合計が51%と、過半数が否定的な回答をしている。先輩社員からすると「仕事ができない若手社員の半数は、無自覚かつ努力する姿もうかがえない」という結果となった。

    こうした点について同社は、「今後は、上司によるフィードバックの強化、客観的に自己を把握する努力をすることが期待されます」としている。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【先輩社員が思う】の続きを読む


    ガジェット通信

    「トラが木の周りをぐるぐるぐるぐると回り、バターになりました」

    そう聞いて「ああ、アレね」とわかる方はある作品のタイトルを思い浮かべると思います。そうです絵本『ちびくろサンボ』のクライマックスですよね。

    しかし、ある世代からはこの言い回しを伝えても「ちょっと何言ってるかわかりませんね」と返ってきてしまうのです。アラフォー(いやアラフィフ)の筆者からすると「え! なんで」と動揺を隠せません。

    筆者の周りの反応はこちら。

    ・トラがどうしてバターになるのか意味不明
    ・「トラがバターになる」というワードだけは知っていた。大人になってから元ネタを知ったので図書館で読んでみた
    ・ちょっと何言ってるかわかりませんね
    ・ヤバい薬の話ですか?

    『ちびくろサンボ』はヘレン・バンナーマン作、イギリス発の絵本。日本版のあらすじは次のような内容でした。

    ―― 帽子や洋服を新調して散歩にでかけたサンボくん、出会ったトラたちに食べられそうになったので、身に着けているものを譲ることで許してもらいます。裸にされて泣くサンボくんの一方で、戦利品をめぐって仲間割れするトラたち。奪い合いをしながらヤシの木の周りをぐるぐるぐるぐると回っているうちに、トラはバターになってしまいます。サンボくんは取られたものを取り返し“トラのバター”を使ってパンケーキを焼いて食べました。

    こうして文章に書くと荒唐無稽な感じですが、1953年(昭和28年)に岩波版が発表されて以来のベストセラーだけあって、昭和生まれからすると非常になじみ深い懐かしいストーリです。『ちびくろサンボ』は『はらぺこあおむし』や『ぐりとぐら』に並ぶメジャータイトルでした。
    しかしそんな『ちびくろサンボ』、主人公が色黒の男の子でこのタイトルがついていたため「差別的ではないか」という議論に巻き込まれます。

    Wikipedia『ちびくろサンボ』の項目によると、1988年には“一斉絶版”になり、「事実上すべての出版社がこの絵本の出版を自主的に取りやめて」しまったとされています。日本では絵本の定番のひとつだった『ちびくろサンボ』はしばし姿を消してしまいました。

    その後、著作権が切れたことにより2005年に『ちびくろサンボ』は復刊を果たしました。しかし空白の17年間は『ちびくろサンボ』ロスを生み出した、というわけなのです。

    ちなみに、ゲーム『ダンガンロンパ』(スパイク・チュンソフト)や『クロノ・トリガー』(スクウェア)にも“回ってバターになる”場面があるそうですが「なんで回るだけでバターに?」と思いながらプレイしていた人も多かったはず。これらも『ちびくろサンボ』絶版がもたらした、思わぬジェネレーションギャップと言えそうですね。

    ―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「トラが木の周りをぐるぐる回ったらバターになる」が通じない世代【ジェネレーションギャップ】】の続きを読む


    ジャニーズ公式サイトのトップには赤字で「大切なお願い」が(ジャニーズ・ネット公式サイトより)
    ねとらぼ

     ジャニーズ事務所は9月13日、所属タレントが移動する際の過激な追跡行為をやめるようファンに呼び掛けた文章を、公式サイトのトップページで公開しました。その追跡行為の例には「スタッフに向けてエアガンを発砲する行為」もあり、ネットでは「どういうことだ」「恐ろしい」と衝撃を受ける声があがっています。

    【「エアガン」がネットで話題に】

     文章は「大切なお願い」という赤字のタイトルで公開。追跡行為はこれまでも絶対にやめるようお願いしてきましたが「残念ながら過激な迷惑行為は依然として目撃されています」として、実際に発生している事例を次のように紹介しました。

    ・飛行機、新幹線でタレントに近い席を取り、立ち上がってのぞき込む行為

    ・新幹線の車内でタレントの乗車車両の前後のデッキに留まり、一般人の通行を妨げる行為

    ・タレントの写真、動画を撮影し続ける行為

    ・タレントに故意にぶつかったり、抱きついたりする行為

    ・マネジャー、警備員、ファンクラブサポートスタッフの注意を無視して、追跡を繰り返す行為

    ・スタッフに向けてエアガンを発砲する行為

    ・一般の乗降客を巻き込み迷惑を掛ける行為

    ・タレントを乗せた移動車両を白タクなどで追いかける行為

     中でも特にネットでは、「スタッフに向けてエアガンを発砲する行為」という部分に悲観する声が続出。「どんな神経をしているんだ」「さすがに犯罪では」「それはもうファンでもなんでもない」とひときわ驚く声があがっており、Yahoo!リアルタイム検索キーワードの上位に「ジャニーズWeb」に続いて「エアガン」がのぼる事態となっています。

     「過激なつきまとい行為は明らかに危険な行為で、大きな事故が起きる恐れがあります」と同事務所。タレントが日々の移動に不安を覚えたり、一般人に迷惑を掛けてタレントの評判が落ちたり。最悪の場合、コンサートの開催中止勧告を受けたり、タレントが公共交通機関を利用できなくなるとして、あらためて過激な追跡行為は絶対にやめるよう注意喚起しました。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「スタッフに向けエアガン発砲」 ジャニーズが公開した「やめてほしい過激な追跡行為」にネット騒然】の続きを読む


    こちらもおすすめ!




    このページのトップヘ