ボルゾイKOUTA

犬やペット等の動物を中心とした、日常、画像、時事情報、面白ネタをまとめるまとめサイトです。 スマホゲームラボブログも管理しています。そちらもよろしくお願いします。





    カテゴリ: 時事ネタ


    中学から陸上部に所属するハイジ
    ねとらぼ

     日清は9月14日、「青春」をテーマにしたカップヌードルのCMシリーズ第2弾の放送を開始。前回の「魔女の宅急便 篇」に続き、今回は「アルプスの少女ハイジ 篇」として「もし、ハイジとクララが現代の高校生だったら」というアナザーストーリーが描かれます。

    【読モになったクララ】

     同じ女子校に通う16歳のハイジとクララ。「どうして私はクララじゃないんだろう」とクララへの憧れと劣等感に悩むハイジは、幼馴染のペーターに「私なんか…」と悩みを打ち明ける――といった展開が描かれ、最後はイケメンとなったペーターにドキッとされられる物語となっています。読者モデルだったり、現代に合わせたクララのお嬢様感がすごい。

     前回と同様、キャラクターデザインは漫画家・窪之内英策さんが担当。CMソングも同じくBUMP OF CHICKENのオリジナル楽曲「記念撮影」が使用されています。

     ハイジ役の声優は、実写映画「心が叫びたがってるんだ。」で仁藤菜月役、「四月は君の嘘」で澤部椿役を演じたE-girlsのメンバーでもある石井杏奈さん。クララ役はアニメ「東京喰種」でヒロイン・霧嶋薫香役を演じる雨宮天さん、ペーター役は「進撃の巨人」のリヴァイ役などで知られる神谷浩史さんです。

     「HUNGRY DAYS」シリーズと名付けられた同CM。パラレル・ワールドを舞台にしていますが、好きな食べ物はパンとチーズのハイジや、好きな色は“アルプスの空”のようなブルーというクララ。そして満席のアルプススタンド(※甲子園球場の観客席)にホームランを打ち込むことを夢見るペーターと、細かい部分のアレンジ設定にもこだわりが感じられます。ちなみにおんじもチラっと登場するので探してみるのも面白いかもしれません。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「もし、ハイジとクララが現代の高校生だったら」 カップヌードル青春CM第2弾 読モのクララに憧れ悩む16歳のハイジ】の続きを読む


    実写化される「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」のコミックス1巻
    MANTANWEB

     人気マージャンマンガ「咲-Saki-」の外伝「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」が実写ドラマ、映画化されることが15日、分かった。「咲-Saki-」の実写版の制作陣が再集結し、12月に深夜ドラマ4話が放送され、2018年1月に映画が公開される。15日発売のマンガ誌「ヤングガンガン」(スクウェア・エニックス)19号で発表された。

    【写真特集】実写「咲」 浜辺美波、浅川梨奈らが可愛い役衣装に 写真を一挙公開

     「咲-Saki-」は、マージャンがスポーツのように競技として存在する世界を舞台に、女子高生らが全国制覇を目指す姿を描いたマンガ。「阿知賀編」は、本編のヒロインの一人・原村和の幼なじみである高鴨穏乃や新子憧の視点で描かれた外伝で、テレビアニメが12年に放送された。

     「咲-Saki-」の実写版は、女優の浜辺美波さんが主演を務め、ドラマが16年12月に放送。17年2月に映画が公開された。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【<咲-Saki->「阿知賀編」も実写ドラマ&映画化】の続きを読む


    ジャニーズ公式サイトのトップには赤字で「大切なお願い」が(ジャニーズ・ネット公式サイトより)
    ねとらぼ

     ジャニーズ事務所は9月13日、所属タレントが移動する際の過激な追跡行為をやめるようファンに呼び掛けた文章を、公式サイトのトップページで公開しました。その追跡行為の例には「スタッフに向けてエアガンを発砲する行為」もあり、ネットでは「どういうことだ」「恐ろしい」と衝撃を受ける声があがっています。

    【「エアガン」がネットで話題に】

     文章は「大切なお願い」という赤字のタイトルで公開。追跡行為はこれまでも絶対にやめるようお願いしてきましたが「残念ながら過激な迷惑行為は依然として目撃されています」として、実際に発生している事例を次のように紹介しました。

    ・飛行機、新幹線でタレントに近い席を取り、立ち上がってのぞき込む行為

    ・新幹線の車内でタレントの乗車車両の前後のデッキに留まり、一般人の通行を妨げる行為

    ・タレントの写真、動画を撮影し続ける行為

    ・タレントに故意にぶつかったり、抱きついたりする行為

    ・マネジャー、警備員、ファンクラブサポートスタッフの注意を無視して、追跡を繰り返す行為

    ・スタッフに向けてエアガンを発砲する行為

    ・一般の乗降客を巻き込み迷惑を掛ける行為

    ・タレントを乗せた移動車両を白タクなどで追いかける行為

     中でも特にネットでは、「スタッフに向けてエアガンを発砲する行為」という部分に悲観する声が続出。「どんな神経をしているんだ」「さすがに犯罪では」「それはもうファンでもなんでもない」とひときわ驚く声があがっており、Yahoo!リアルタイム検索キーワードの上位に「ジャニーズWeb」に続いて「エアガン」がのぼる事態となっています。

     「過激なつきまとい行為は明らかに危険な行為で、大きな事故が起きる恐れがあります」と同事務所。タレントが日々の移動に不安を覚えたり、一般人に迷惑を掛けてタレントの評判が落ちたり。最悪の場合、コンサートの開催中止勧告を受けたり、タレントが公共交通機関を利用できなくなるとして、あらためて過激な追跡行為は絶対にやめるよう注意喚起しました。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「スタッフに向けエアガン発砲」 ジャニーズが公開した「やめてほしい過激な追跡行為」にネット騒然】の続きを読む


    こちらもおすすめ!


    このページのトップヘ